守り神さま?

こんにちは。おかもとです。

今日のお仕事シリーズ3回目。世間でよく言う三日坊主に無事突入できました。明日更新できたら記録更新!中身はあるのかないのかは別にして、マイペースにぼちぼちブログ更新やっていきますので、よろしくです!

さて、今日のお仕事ですが、

今日は本店の方に勤務してました。ありがたい事に最近はたくさんオーダーをいただいてて、朝からずっと焙煎しっぱなし。店内はそれほどお客様が多いわけではなかったのですが、全国各地津々浦々のオーダー(ちょっと大げさに表現してます)とお取引先様からのご注文に対応すべく、朝っぱらから作業してました。もともとは午後から勤務予定だった川上さんもオーダーの多さに朝から応援に。とりあえず午前中いっぱいでなんとか発送準備をひと段落させる事に成功して、

お昼ご飯を迎えた頃ですよ。

お店の外をエプロンつけて歩いてたら背後から突然、

「ゆげさんのコーヒーは、おいしいの?」って通行人に声をかけられました。

振り返ったら、自分の親世代くらいの年頃のハットをかぶった紳士がお一人。

こういう時、なんてお返ししたら正解なんでしょうね。 答えに困る!w

質問の意味もよくわからなかったので、お声かけくださった紳士に対して、困った時の常套手段、全力の愛想笑いをぶっこみつつ、

「たぶん!!美味しいみたいです!」

よくわからんお返事させていただきました。

すると、男性の方はその後、神戸にある老舗珈琲店さんの名前をだして、そこのコーヒーが自分は美味しい気がするんやが、君はどう思う?飲んだ事あるか?ゆげさんとどっちが美味しいん??そこは強いというよりもキレがあるんや。あれはキレやと思うけどあってるか?それはゆげさんと比べてどうなんや?って矢継ぎ早にいろいろ質問。返答に困りながらも老舗さんはお店が続いている事が美味しい事のなによりの証。なので一緒に盛り上がってたら、最終的にその人は、大手チェーンの事を名指しして「ファストコーヒーが日本をだめにしたんや!ゆげさんは負けたらあかんで!応援してるからな!!」

そう言って、歩いて行かれました。

一体なんだったのでしょうね。よくわからないけど、外を歩いてたら通行人に応援されました。っていうお話。こういうのが日常的におこるのが我が櫨塚町。

愛すべき街ですよね。ほんと。

ぼくはこういう不思議な応援してくれる方に出会った時は、その人は守り神さまやと思うようにしてます。なんかよくわからないけどいい人だったし。

さて、次はどんな人に出会えるのか。毎日が楽しみです。

では、今日も1日お疲れ様でした。

関連記事一覧

メルマガを購読する

最近の記事

PAGE TOP