インドネシア ワハナエステート ラスナ種の味わい

こんにちは

ゆげ焙煎所の岡本です。

インドネシアのスマトラ島、ワハナエステートのラスナ種、ナチュラルプロセスはもうお試しになられましたか?

スマトラ島のコーヒーと言えば、スマトラ式の加工法がメジャーです。ゆげ焙煎所では、マンデリンがその代表格。

ところが、このラスナ種はナチュラルプロセス。

個人的な印象として、スマトラ島のコーヒーは力強く荒々しい迫力を感じることが多いです。

なので、普段は必ず深煎りにします。強いコクとしっかりとした苦味、少ない酸味といった魅力をガンガンに活かすためです。

逆に浅く焙煎すると、独特の土っぽさが渋さとともに残る印象で、あまり魅力を感じないことがほとんどです。

そのため、スマトラ島のコーヒーはいつも深煎りだったのですが、このワハナエステートのラスナ種は別物でした。

浅く焙煎してみると、とてもクリーンで少しトロピカル。嫌な渋みが全然なくスッキリとした印象。

なにより、このトロピカル?まろやか?な酸味が

ミルクとの相性抜群。カフェラテにした時の甘さたるや。

スマトラ島の浅煎りおいしいやん!!ラスナ限定だけど。

って思った昨日のお昼でした。

また、次回は違うお豆の感想などもシェアしていけたらと思います。

元気出していきましょう~!!

関連記事一覧

メルマガを購読する

最近の記事

PAGE TOP