【実験】コーヒーの微粉を茶こしで取り除くとどう味が変化するのか?(フレンチプレス編)

コーヒーの微粉を取り除くとクリアな味わいになるって聞いたことある人もいるかと思います。ペーパードリップで微粉の検証をしている方は多いですが、フレンチプレスで検証している人は見つけれなかったので、検証してみたいと思います。

実験内容

①コーヒー豆を茶こしでふるう。

フレンチプレス用に挽いた「粉15.4g」を茶こしでふるう。
フレンチプレス用の「粉14.0g」と「微粉1.4g」に分離

②茶こしでふるった粉をフレンチプレスで抽出

茶こしでふるった粉を10gあたり180ccお湯の比率で抽出。
同時にフレンチプレス用に挽いた粉も抽出(そのまま)

③抽出されたコーヒーを比較

出来立て、2分経過、10分経過の3つの温度帯で比較

「微粉除去」と「そのまま」の味の変化

微粉除去そのまま
出来立て飲み口のクリアな感じが際立つ。雑味が少なく感じ、あっさりした印象。香りもすっきりした感じ。微粉除去に比べると雑味を感じる。曇ったような感じ。
香りも曇ったように感じる。
2分経過あっさりクリーンな印象。ペーパードリップで淹れてようなすっきりとした印象。微粉除去したものに比べて、甘みを強く感じる。微粉がいろいろな味を抽出してくれているのか複雑な味わい。
10分経過冷めてくると酸味を感じるようになる。クリアで雑味のない感じは冷めてもそのまま。
渋みを感じるようになる。コップの底に微粉がそのままに比べて少ない。

茶こしでふるうことはおすすめか?

クリアな感じになるだろうと予想はしていましたが、思ったよりすっきりとした飲み味に変化しました。すっきりとしたした飲み味が好みであれば、そもそも抽出方法を変えてペーパードリップにすればいいのではと。。。

フレンチプレスで淹れたときの独特の味の厚みは、少し失われてしまうのでフレンチプレスで淹れるときには、「茶こしでふるう必要はない」かなと思います。

実験としては、はっきりと味の差がでます。興味がある方は、自宅にある機材でできるので、「一回試してみる価値あり!!」というところです。
ぜひやってみてください。

関連記事一覧

メルマガを購読する

最近の記事

PAGE TOP