ゆげ焙煎所メルマガvol.12 コーヒー豆の保存方法

おはようございます。
ゆげ焙煎所、川上です。

お店でよく質問されることシリーズの続きです。
あくまで個人的に感じる順位です。

第1位:カフェラテとカフェオレの違い
第2位:コーヒー豆の保存方法
第3位:最寄り駅はどこですか?
第4位:ペーパードリップのやり方
第5位:コーヒー豆の挽き具合

今回は、第2位の「コーヒー豆の保存方法」についてやっていこうかと思います。

今週のテーマ

「コーヒー豆の保存方法」です。
コーヒー豆には苦手なものが4つあります。

①温度
保管温度が10℃上昇すると酸化速度が2倍になるという研究結果もあります。
できるだけ低い温度で保管するほうが酸化は抑えられます。

②湿度(水分)
水はH2Oですよね。
水分も酸化を進める原因になります。

③光
光も酸化を進める原因になります。
また、日光があたると温度が上昇します。

④臭い
コーヒーは多孔質で臭いを吸着する性質をもっています。
できるだけ他の臭いに触れないほうがよいです。

この4つをできるだけ避けるようにしていくと味の劣化を抑えられます。

具体例として
日常使いのコーヒー豆の保存は、
常温の暗くて涼しいところでの保存がおすすめです。

2週間以上使用する予定のないコーヒー豆の保存は、
ジップロックなどの密閉できるものにいれて冷凍保存がおすすめです。

また来週もよろしくお願いします。

PAGE TOP