ゆげ焙煎所メルマガvol.4 好みのコーヒーを選ぶヒント2

おはようございます。
ゆげ焙煎所、川上です。

先週に引き続き「好みのコーヒーを選ぶためのヒント」です。
先週は、①生産地についてのお話をしました。

ちょっと意識してコーヒーを選んでみましたか?

今週のテーマ

「好みのコーヒーを選ぶためのヒント」の続きです。
先週の3つのポイントを押さえれば、
好みのコーヒーを選びやすくなるとお伝えしました。

①生産地
②焙煎度合い
③加工法

今回は②焙煎度合いについて話していきます。

②焙煎度合いについて

焙煎とはコーヒー豆を焼いていくことです。
コーヒー豆の焼き加減のことを「焙煎度合い」と呼びます。

焙煎度合いは「浅煎り→中煎り→深煎り」といったように
焼き加減によって名前が付けられています。

浅煎り:酸味などの特徴的な味、苦味は少なめ
中煎り:酸味もありつつ、少し苦みあり、バランスがよい
深煎り:酸味が抑えられて苦味系の味

つまり、焙煎度合いが進むにあたって酸味と苦みは反比例の関係になります。
これさえ覚えておけば、コーヒーを選ぶときに楽になるはずです。

ぜひ使ってみてください。
最後、③加工法は来週の火曜日に配信します。

また来週もよろしくお願いします。

PAGE TOP